インドの有力スタートアップが東京に一堂に会する「リブライトサミット」ご招待
By Hironori Ishizaki Follow | Public

<イベント概要>
世界中から巨額の投資が集まり最新のイノベーションが生まれているインド。日本企業にとってもインドの爆発的市場成長の取り込みながら、高度なIT人材獲得や先端技術発掘に大きな期待が持たれています。
こういった背景より、インドのイノベーションに関する情報収集の一助となるべく、リブライトパートナーズの投資先スタートアップのファウンダー、ならびに現地専門家を一堂に会して催す「リブライトサミット 2018」の開催のご案内をさせていただきます。

米国トップVCのBessemerからも出資を受ける遠隔医療現地トップランナーの「Docsapp」、Nvidia出身者によって設立された自動運転向けチップ開発の「AlphaICs」、日本の大手企業を多数顧客に抱える画像認証ディープラーニング技術開発の「Uncanny Vision」、病院向けEコマース「Medikabazaar」など、インドの有力スタートアップ経営者が東京に一同に集う希少な機会です。

当社の現地責任者であるインド人キャピタリストのブリッジ・ハシンも参加して現地の生の情報をご提供し、またデロイトトーマツベンチャーサポートのアジア統括責任者である西山直隆氏による日本企業とアジアスタートアップによるオープンイノベーションに関するセッションもございます。


是非この機会にお申し込み頂ければ幸いです。




〇主催
リブライトパートナーズ株式会社
協賛:デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社 


〇日時・場所
4月16日 月曜日 午後3時開場 午後6時閉会
SENQ 霞が関 東京都千代田区霞が関一丁目4番1号 日土地ビル2F
(https://senq-web.jp/office/kasumigaseki)


〇対象
海外ベンチャー企業との協業・出資・買収にご興味のある企業の経営企画部・新規事業部・海外事業部の方。
※ 本プログラムは、スタートアップ支援機関ならびにスタートアップ企業関係者の方は対象にしておりません。


〇アジェンダ
3:30- 開場

4:00 「日本企業とアジアスタートアップのオープンイノベーション」
  デロイトトーマツベンチャーサポート アジア統括 西山直隆

4:15 スタートアップ・ピッチ①  
    リブライト投資先3社の代表者よりプレゼンテーション、質疑応答
   (リブライトパートナーズ代表の蛯原より日本語解説あり)

4:45 「インドのスタートアップエコシステム」
リブライトパートナーズ インド投資責任者 ブリッジ ハシン

5:00 スタートアップ・ピッチ②
    リブライト投資先 4社の代表者よりプレゼンテーション、質疑応答
(リブライトパートナーズ代表の蛯原より日本語解説あり)

5:40 ネットワーキング





〇登壇スタートアップ(参加が決定した企業から順次掲載予定)

ー Docsapp(https://www.docsapp.in)
インドでの遠隔医療分野トップランナーであり、AIチャットボットを駆使した問診、オンラインドクターによるチャット診断、処方された薬のECまで一貫して実施する。ファウンダーはインド工科大学卒業生で、昨年米国トップVCのBessemerからシリーズAの調達を完了。


ー Flixy Games(https://www.flixy-games.com/)
インドでは数少ないゲームパブリッシャーであり、インドのユーザー向けにカスタマイズされたモバイルゲームを提供する。CEOは現地文系最高学府であるインド経営大学院(カルカッタ)でMBAを取得し、元ジンガのシニアマネージャー。


ー Medikazaar(https://www.medikabazaar.com)
インドにおける最大規模の医療機器を専門としたB2Bマーケットプレイス。インドのみならず日本やドイツのメーカーをも顧客に持ち、インド現地のクリニックや病院への製品納入を支援している。


ー Uncanny Vision(http://www.uncannyvision.com/)
コンピュータヴィジョン(画像解析)向け組み込みシステムの研究開発企業。監視カメラ等の用途向けにエッジサイドで高速・高度な解析処理を行う独自技術を有し、日本の大手製造業をも複数顧客に有する。


ー AlphaICs(http://www.alphaics.ai/)
自動運転やロボティクス向けの、AIコンピューティングをベースとしたSoC(システム一体型半導体集積回路)の研究開発企業である。​エヌビディア出身のエンジニアがCEOを務め、既に多数の認可済みIPを個人及び法人として保有している。




〇登壇者
ー Brij Bhasin(Principal)
米国ミネソタ大学コンピュータサイエンス学部卒業、その後はシステム開発企業にエンジニアとして勤務し、米国にて通算10年間の就学・就業経験を有する。インドに帰国後、同国最初の本格的なスタートアップ・アクセラレータのGSFにて3年パートナーを務め、Facebookによるインドでの最初のスタートアップ買収案件を手掛ける。現在は投資先のモニタリング及び新規投資先発掘活動に従事している。


ー 西山直隆(Deloitte Tohmatsu Venture Support Regional Head of Asia)
ベンチャー企業と大企業の事業提携を生み出すプラットフォーム『Morning Pitch』の責任者を務め、数多くの事業提携を創出。成長ベンチャー企業の経営顧問等も務め、販路拡大、資金調達等、幅広く成長支援を実施。2016年よりDTVSのアジア地域の立上げのためシンガポールに拠点を開設。インド、東南アジアのベンチャー企業と日系企業との協業をサポート。日印政策会合等にも出席し、今後の日印イノベーションの在り方を提案する等、スタートアップ、大企業、政府系機関を巻き込んだ活動を実施している。